So-net無料ブログ作成
検索選択

ノロウイルス 症状 感染経路 治癒方法 [病気]



ノロウイルス感染症の特徴
・ノロウイルスとロタウイルスはともに下痢、嘔吐を主徴とする胃腸炎をおこしますが、ノロウイルスはロタウイルスに比べ、幅広い年齢層に罹患する傾向があります。

・ノロウィルスは秋から年末にかけて流行します。

・ノロウイルスは、カキ等の二枚貝の生食による食中毒がよく知られていますが、 わずかなウイルスが口の中に入るだけでも感染する為、ヒトからヒトへの感染力も非常に強いウイルスです。

・乳児期から成人まで幅広く感染します。嘔気、嘔吐、下痢が主症状で、一般に症状は軽症です。ただし、老人や免疫力の低下した乳児では重症化して死亡することもあります。

感染経路
感染のほとんどが経口感染です。
・ウイルスに汚染された貝類を、生あるいは十分に加熱しないで食べた場合
・調理台や調理器具がウイルスに汚染されていたり、ウイルスに感染した人が食品を取り扱うことにより、二次的に汚染された食品を食べた場合
・感染者を看病したり、患者の吐物、便などから直接感染する人から人の感染

症状
・潜伏期間1日~2日で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、軽度の発熱。
・通常、これらの症状が1から2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。
・感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
・激しい嘔吐や下痢により急激に水分を失いますので、脱水症状に気をつける必要があります。(乳幼児や高齢者は特に注意が必要)


治療方法
ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
脱水症を防ぐため、市販のイオン飲料等で水分を補給する必要があります。
飲んでも吐いてしまう場合は、 早めに医療機関を受診してください。
下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用はしないでください。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。