So-net無料ブログ作成
検索選択

自然気胸 原因 症状 治療 [健康]



自然気胸とは?
肺の一部が破れて空気がもれ、肺が虚脱(きょだつ)した病気を自然気胸といいます。

原因
肺胸膜直下に存在するブレブの破裂によって起こります。
ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔で、正常肺と異なり破裂しやすく、自然気胸の原因になります。
 
ブレブの破裂は、運動、怒責、咳などで肺胞内圧が上昇した場合や、飛行機搭乗、ダイビングなどで大気圧が低下した場合に起こりますが、大半は安静時に発症します。
 
発生率は、人口10万あたり40~50人といわれています。
好発年齢は10~20代であり、性別では圧倒的に男性に多く、背が高く、やせた人に多く発症し、患者さんの約70%は喫煙者であることが特徴です。

症状
突然の胸痛、乾いた咳、呼吸困難が現れます。
これらの症状は安静にしていると多くは軽快してきます。
高度な気胸や緊張性気胸では、チアノーゼ、不整脈、血圧低下なども来し、危険な状態に陥ることもあります。

治療の方法
肺の虚脱が軽度、すなわち虚脱した肺の頂上が鎖骨の上にある場合には、安静により様子をみます。
 
安静にしても改善しない場合や肺の虚脱が高度であれば、持続脱気が行われます。

持続脱気とは肋骨と肋骨の間から細いチューブを胸腔内に挿入し、器械で肺からもれた空気を体外に引き出す方法です。
 
肺が元どおりに膨張すれば、空気のもれがないことを確認して、チューブを抜き去ります。
 
この時再発防止のため、テトラサイクリン、ピシバニールという薬剤や、患者さんの血液を胸腔内に注入することもあります。
 
持続脱気を行っても肺の再膨張が得られない場合や、再発を3回以上繰り返す場合には、手術が行われます。

手術は、腋窩小開胸法や胸腔鏡によって、ブレブの切除や縫縮が行われます。
 
手術を行わない場合の自然気胸の再発率は、20~30%といわれています。手術後の再発率は1~2%ですので、最初から、体を傷つけることの少ない胸腔鏡による治療をすすめる医師もいます。


タグ:自然気胸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。