So-net無料ブログ作成
検索選択

入浴法 半身浴 手浴 足浴 [健康]



風邪の予防に寒い時期の入浴法紹介

≪半身浴のすすめ≫
寒くなると浴室は温かいけど、脱衣所は寒い!と言う事が多いとおもいますが、温度差を少なくすることが大切です。
お湯が沸いたら扉を開け(暖房器具を使うのもいいでしょう)、浴室と脱衣所を温めましょう。
湿気が篭る家庭では風呂あがりに除湿機などを使用しカビの発生を防ぎましょう。
浴室と脱衣所の温度差をなくする事により、脳梗塞などの予防にもなります。
脱衣所は、23度より高くしましょう。

すぐに湯船には入らず、シャワーなどで体を温めてから入りましょう。

お湯の温度は40度を目安で、湯船に入る時間は20分程度、肩まで入らずみぞおちのあたりまどつかる半身浴が体にいいといいます。

ぬるめのお湯に長く入った方が心臓に負担がかからず、身体の芯まで温まります。

半身浴が苦手な人は肩からお湯をかけましょう。

熱い湯では無いと入った気がしないと言う方は出る直前に温度をあげましょう。

髪や体を洗ったら、もう一度お湯につかりましょう。

上がった後は乾いたタオルで水分を十分ふきましょう。

寝る前に水かお茶を一杯飲んで水分を補給します。脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

足浴や手浴のススメ。
足浴は冷え性や風邪、不眠改善
手浴は肩や首のこり、心身の緊張をほぐします。


冬の入浴法
お湯の温度は、40度位で
つかりながら、からだをほぐす運動をしましょう(ストレッチマッサージ
お茶か水を1杯飲んで水分を補給する(アルコールは水分は出してしまうのでやめましょう)



タグ:入浴法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。